2017/07/17 (月)
新千歳空港 
ドーミーインで朝ギリギリまでダラダラしてから、新千歳空港へ向けて出発。前回の北海道旅行の時も、最終日はギリギリまで寝てました。 新千歳空港は、連休最終日ということもあり激混み。
手荷物を預けるための行列に並ぶこと40分くらい。
その後、最後のお土産を買いあさったあと、札幌ラーメンを食べるために「麺処 白樺山荘」へ。
麺処 白樺山荘 北海道ラーメン道場店
電話:0123-45-7575
住所:新千歳空港 旅客ターミナルビル3F北海道ラーメン道場内
時間:10:00~20:30(LO)
その他:shirakaba-sansou.com
奥様曰く「しっかりした味噌ラーメンが食べたかったから」だそうで、昨晩の伊勢鮨の握ってくれた方もおススメしてくれたこともあって、白樺山荘になったそうです。
__
僕はハーフ(550円)、奥様は味噌まるごと北海道スペシャル(1,300円)+生ビール(500円)。
店員さんが、スペシャルと生ビールを僕の前に起き、ハーフを奥様の前に置いたので、急遽席替えをすることに。笑
奥様は、このあと飛行機を乗り継いで高知まで帰るので、ガッツリ食べておく必要があったのです。> To 店員さん
__
次回奥様に会うのは、8月の第二週目。
よさこいの時期に高知に帰りますよ。
わがまま彼女の一言
高知行きの飛行機が1時間近く遅れて大変でした。
ちなみに、8月の次は、9月に私が東京に行きますよ♪
 
  

2017/07/16 (日)
かま栄 工場直売店 
この日は、朝、JRイン旭川でモーニングビュッフェを食べて旭川を出発。小樽まで高速道路で向かったわけですが、この日は大変な大雨。 高速道路で、少し先が見えないほどの大雨で速度制限がかかるほどでした。
小樽の「かま栄 工場直売店」に到着したのが、12時40分くらいでした。
ここの駐車場はいっぱいだったので、近くの有料駐車場に停めました。
かま栄 工場直売店
電話:0134-25-5802
住所:小樽市堺町3-7
時間:9:00~19:00
その他:kamaei.co.jp
奥様は、練り物が大好きです。
工場見学をした後は、併設されている「かま栄カフェ」のイートインスペースで食べることができます。
以下の2品購入して、お店で食べました。ともに216円です。
・パンロール(豚挽き肉・玉ねぎ・胡椒入りすり身を薄いパンで巻きたもの)
・マヨサンド(固形マヨ・一味入りすり身を薄いパンで挟んだもの)
__
両方とも、とても美味しかったです。
わがまま彼女の一言
この日は工場は休みでした。
 
  

小樽散策 
かま栄で練り物を食べた後、堺町通りでプラプラ。ルタオとガラスとオルゴールが多いですね。 オルゴール堂で、お土産のマグネットを買い、
ルタオ ル チョコラで、ソフトクリームを買って食べて、
ザンギ専門店 Ichiで、ザンギを買って食べました。
__
その後、いったん小樽駅前のホテルにチェックインして、再び散策。
__
小樽運河まで歩き、
手宮線跡地で写真を撮ったり、
あまとうでお土産を買ったりして、
オシャレエリアを満喫しました。
わがまま彼女の一言
途中で雨が上がってよかったです。
 
  

伊勢鮨 
小樽で回らないお寿司を食べましょう、ということで伊勢鮨へ。夕方小樽散策をした後、ホテルに戻りシャワーを浴びて、しっかり昼寝をして、いざ出発! 我々が宿泊したホテルから徒歩7分。
伊勢鮨
電話:0134-23-1425
住所:〒047-0032 北海道小樽市 稲穂3丁目15?3
時間:11:30~15:00, 17:00~21:00
その他:isezushi.com
カウンターに案内してもらい、「ウニが好きです!」と伝えておまかせでお願いしました。
テレビで見た知識なのですが、握り寿司は出てきたらすぐに食べるのが礼儀というのを頑なに信じておりまして、カウンターで食べると「さぁ、来い!」と身構えてしまうのですよね。
__
餅つきの気分というか、なんか怒られるのが怖いというか。笑
そんなふうなので、何を食べたのかあんまり覚えてないのですよね。
もちろん、握ってくれた方はとても気さくにいろいろと気を使って話しかけてくれて、大変助かりました。
たぶん、出てきたお寿司の写真を撮っても怒られたりはしません。
__
こんな性格なので、どんなふうに食べても怒られないという点で、やっぱり僕は回転寿司で十分かなぁと思うですが、そうは言ってもいい歳のおっさんなので「小樽の回らない寿司屋のカウンターで、おまかせで握りを食べる」というのは大変いい経験になりました。
わがまま彼女の一言
やっぱりウニは美味しいなぁ。
 
  

天然温泉灯の湯ドーミーインPREMIUM小樽 
JR小樽駅前の最高の立地で、温泉もあり、夜泣きソバやアイスクリームのサービスもある、まさにプレミアムなホテルでした。さらにここは、世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザーR」において、「旅好きが選ぶ!朝食のおいしいホテル 2017」ランキングの第14位に選ばれたそうです。 夕食を食べに出る前に、いったんホテルに戻り温泉で汗を流した後、アイスクリーム♪
ミルク味とメロン味の2種類です。
__
夜泣きソバは醤油ラーメンで、我々はお寿司を食べた後の〆として、いただきました。
天然温泉灯の湯ドーミーインPREMIUM小樽
電話:0134-21-5489
住所:〒047-0032 北海道小樽市稲穂3-9-1
その他:hotespa.net/hotels/otaru/和洋食バイキング 1,800円 3歳以上~小学生以下 900円(※2歳以下無料)/税込
営業時間:06:30 ~ 10:00(LO.9:30)
そして、特筆すべきはやはり朝食。
ビュッフェのラインナップが凄いです。
僕の好きなものでは、甘エビも、イクラも、メロンも、サクランボもあります。
サクランボ食べ放題って、すごい!感動した。
ワッフルも美味しかったのだよね。
わがまま彼女の一言
近々、高知にもドーミーインができるらしいですよ~。
 
  

2017/07/15 (土)
星野リゾート リゾナーレトマム 
トマムに来たら、雲海テラスに行かねばなりません。たぶん。笑 我々は、リゾナーレに泊まったので4時過ぎくらいにホテル前発のバスに乗って、優先レーンからゴンドラに乗ることができました。素晴らしい!
星野リゾート トマム 雲海テラス
期間:2017年5月13日(土)~10月16日(月)
時間:[5月13日~5月31日] 5:00~7:00
   [6月1日~8月31日] 5:00~8:00
   [9月1日~9月30日] 4:30~8:00
   [10月1日~10月16日] 5:00~7:00
その他:snowtomamu.jp/summer/unkai/
事前にネットで調べていた情報では、かなり寒いということだったので、東京から厚手のジャンパー&ヒートテックを持って行ったのですが・・・・。
結論から言うと、全く必要ありませんでした。Tシャツで十分。
__
天候が良かったということもあると思いますが、7月中頃に行く場合には、気温はあまり心配する必要はないかもしれません。僕よりも厚着の人はいませんでしたからね~。
なお、奥様が持っているのはゴンドラのチケットです。
__
結果的に雲海は見ることはできませんでした。
前の晩の雲海予報(ホテル内で見られる)は悪くなかったのですが、当日の朝は「雲海発生なし」でした。
__
雲海テラスで案内をしてくれる雲海ガイドのお兄さんに、奥様が「今日は見れますか?」と聞いたら「今日は、無理でしょうね」と答えてくれました。ナイス奥様!
__
雲海が見られなくても、楽しめる人もいると思いますが、我々はパッーっと回って部屋に戻り、朝ごはんへ。笑
__
プラチナムを予約して30分くらい待つ感じだったので、一旦ロビーに戻り、中庭でハンモックで遊びながら写真撮影して時間をつぶして、朝ごはん。
__
朝ラーメンが有名で、スタッフの方が作ってくれます。
奥様は結構気に入ったようで、おかわりをもらいに行ったところ、スタッフの方に「2杯目ですね!ありがとうございます♪(ニコッ)」と言われて、ちょっと恥ずかしかったそうです。笑
__
お腹いっぱい食べて、トマムを出発。
今日は、富良野を経由して、旭山動物園まで行きます。
__
次の目的地『ファーム富田』まで約80km。
わがまま彼女の一言
センセイ一人だけ真冬の格好で、恥ずかしかったです。
 
  

フラノマルシェ 
ファーム富田に向かう途中、予想よりも交通渋滞が少なくスムーズに進めていたため、トイレ休憩がてら、フラノマルシェに立ち寄りました。駐車場は余り広くない(人気に対して狭すぎる気がする)ので、入れればラッキー♪という感じかな。 ちょっと入りづらいです。
我々は幸い、到着が早かったので、スムーズに駐車することができました。
フラノマルシェ
電話:0167-22-1001
住所:北海道富良野市幸町13番1号
時間:10:00~19:00
その他:furano.ne.jp/marche
農産物直販所や富良野みやげを取りそろえる物産センター、テイクアウトショップ、カフェがあります。
さらに、道路を1本挟んですぐ隣にあるフラノマルシェ2には、飲食店を中心とした店がたくさんあり、広く屋内休憩スペース(大画面テレビあり)もあります。
__
メロンがたくさん売っていました。
わがまま彼女の一言
ここでご飯を食べても良かったね。
 
  

ファーム富田 
富良野観光と言ったら、ファーム富田です。訪日外国人観光客(特に団体様)向けには(もちろん日本人にも)、最適な観光スポットです。 まっぷるには「全部必見!ラベンダー観光の火付け役であるファーム富田」と記載されています。ベストシーズンは7月で、当然のようにメチャメチャ混んでました。
駐車場に停めるのに、結構待ちました。
ファーム富田
電話:0167-39-3939
住所:〒071-0704 北海道空知郡中富良野町基線北15号
時間:8:30~17:00
その他:farm-tomita.co.jp
ラベンダーなどの色々な花をバックに綺麗な写真が撮れますし、色々な食べ物やラベンダーを使った色々なお土産があります。
わがまま彼女の一言
暑かった。。。
 
  

とみたメロンハウス 
とみたメロンハウスで、北海道のメロンを満喫しました。メロン以外にも、たくさんの食べ物があります。 ラベンダーを見た後は、とみたメロンハウスで水分+メロン分を補給しましょう。
とみたメロンハウス
電話:0167-39-3333
住所:〒071-0714 北海道空知郡中富良野町宮町3?32
時間:9:00~17:00(営業は6月~10月頃)
その他:tomita-m.co.jp
奥様が手に持っているのは、ソフトクリームトッピングスムージー(650円)です。
サッパリした甘さで、普段あまり甘いものを食べない奥様が、ドンドン食べてました。
僕はあまり食べた記憶がありません(暑さで記憶が飛んだだけかもしれませんが。泣)。
他にも沢山の美味しそうなものがあり、目移りします。
わがまま彼女の一言
果物系かき氷は好きみたいです。
4分の3くらい食べたかも・・・、センセイごめんね。
 
  

四季彩の丘 
小高い丘にある花畑です。広大な敷地にラベンダーのほか、多くの種類の花が咲いています。 行き方としては、カーナビによっては指示に従うとかなり遠回りになるかもしれません。以下のサイトに記載されていますが、富良野方面から行く際には、国道237号線より、トリックアート美術館を目印に右折して進みましょう。あとは、道沿いに看板が出ているのでわかります。
100台停められる無料駐車場がありますので安心です。
展望花畑 四季彩の丘
電話:0166-95-2758
住所:〒071-0473 北海道上川郡美瑛町新星第三
時間:営業時間は季節によって異なります。6?9月は8:30~18:00。
その他:shikisainooka.jp
入園料は無料ですが、花畑の維持管理費用として一人あたり「200円」相当の募金をする仕組みです。各種乗りものや、今回は行っていませんがアルパカ牧場への入場は有料です。
__
暑さで体力的に限界だったので、15分で園内を一周してくれるトラクターバス「ノロッコ号」(500円)に乗りました。他にも自分で運転するバギー(専用コース)や、カート(園内フリー。要普通運転免許)もあります。
__
「ノロッコ号」のおすすめポイントとしては、景色のよいところを通ってくれ、一番景色のイイところではバスから降りる時間も取ってくれてしっかり写真撮影ができることです。
わがまま彼女の一言
次はカートに乗ってみたいな(運転はセンセイで)。
 
  

白金青い池 美瑛 
四季彩の丘で花畑を見た後は、白金 青い池へ。白樺街道と言われるJR美瑛駅から十勝岳方面へ向かう道道966号には、両側に白樺の木が4kmほどにわたって整然と並んでおり、その先に「白金 青い池」があります。 この「青い池」は、2012年Apple社のMacBookの壁紙に採用されて、話題のスポットになったそうで、世界中から観光客が来ているそうです。スゲー!
__
ネットには「青い池までの道のりが渋滞する夏の週末、お盆、秋の連休は、白金ビルケの森に車をとめて、徒歩で青い池へ向う方が早いこともあります。」という記載もあり、かなりの渋滞を覚悟していましたが、この日は幸い(?)、ビルケの森の入り口にある『白金インフォメーションセンター』から少し進んだ辺りで渋滞に捕まり1.2kmくらいだったと思います。
__
諦めてUターンして帰る車もあり、またこの観光スポットの性質上(そんなに長時間滞在するところではなく、駐車場も110台分ある)回転も悪くないので、渋滞に捕まってたのは12:50~13:20の30分くらいだったようです(写真の撮影時間から推測)。
白金 青い池 美瑛
電話:0166-94-3025(美瑛白金観光センター)※ナビに入れてはいけない。
住所:美瑛町白金
時間:ネット情報では、朝9時以降は混むみたい。
その他:biei-hokkaido.jp(青い池のページ)
なお、ここにはトイレはありません。
駐車場から歩いて青い池に向かいます。池沿いに狭いですが散策道があり、所々柵があるので安全です。
__
こういうところに来ると、高性能なカメラが欲しくなります。
現地で見るとやはり感動しますし、綺麗な写真はネット上に沢山ありますので、興味のある方はぜひご覧ください。
__
我々は、この池のさらに先にある「白ひげの滝」には行かずUターンしたのですが、帰りの対向車線はさらに長い渋滞になっていました。
できるだけ早めに行ったほうがいいですよ。
__
次の目的地「旭山動物園」まで、約40km。
わがまま彼女の一言
駐車場のガードマンさんが大変そうだったね。
 
  

旭川市旭山動物園 
奥様的には、今回の北海道旅行でイチバンの『彼女オススメ』スポットだったそうです。出発前の旅行計画では、旭山動物園は翌日の朝イチに行く予定だったのですが、「白ひげの滝」をパスしてスムーズに旭川市に入れたこと、また事前に調べていた情報で、15時以降であればスムーズに入れるということだったので、急遽この日のうちに動物園に行くことにしました。 15時ちょうどくらいに動物園に到着し、誘導されて民間の有料駐車場に停めましたが、これはちょっと失敗でした。というのも、15時過ぎには園の無料駐車場に空きがあったんですよね。なので、もしこのブログを読んだ後で、15時以降に旭山動物園に行かれる方は、まずは園の無料駐車場を確認すると500円くらい得をするかも。笑
旭川市 旭山動物園
電話:0166-36-1104
住所:〒078-8205 北海道旭川市東旭川町倉沼11-18
時間:時期により変わるので以下のサイトを見てください。
その他:city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/
この7月1日に、旭山動物園は開園50周年を迎えたそうです。
__
我々は、まず腹ごしらえ。
ジュンドック(400円)と「旭山動物園50周年きねんメニュー」のじゃがチーズのピタパン(500円)を1つずつ購入し、お腹が落ち着いたところで園内を散策開始。
__
旭山動物園といえば、ペンギンのチューブ状通路(通称「空飛ぶペンギン」)や、アザラシの円柱水槽、ダイブするホッキョクグマなどが有名だと思いますが、奥様が最も長く見入っていたのは、プールを軽快に泳ぐカバでした。
手足の短さがとてもキュートです。
__
幸い、人が少なく、どこも待ち時間なしにスムーズに見ることが出来ました。
やはり朝イチか、15時以降がおススメですよ。
わがまま彼女の一言
カバさんに魅了されました。
カピバラさんも好きです。
 
  

成吉思汗 大黒屋 
旭山動物園を出て、旭川駅前のホテルにチェックイン&仮眠をしてからジンギスカンを食べに大黒屋に行きました。とても有名なお店のようです。 オープン1巡目のお客さんしか、事前予約ができません(下記サイト参照)。
ホテルから歩いて19時くらいに到着し、番号札をもらい暫く待機。
__
お店の道路を挟んだ向かいに、待つためのスペースがあります。大きな声で呼んでくれるので聞こえるので、そこで待つのも良いでしょう。エアコンはありません。外で待っている人も沢山いました。
当然、待っている間にオーダーするものを決めておきましょう。
成吉思汗 大黒屋(ジンギスカン ダイコクヤ)
電話:0166-24-2424
住所:北海道旭川市4条通5丁目3・4仲通
時間:17:00~23:30
その他:daikoku-jgs.com
40分くらい待って、お店に入ることが出来ました。1Fのカウンターです。
以下のものオーダーしました。
・生ラム ×3
・ラムロール ×1
・ショルダーステーキ ×1
・オニオントマトサラダ ×1
・ライス小 ×2
・生ビール ×2
・フローズンビール ×1
__
厚切りラックは売り切れ。残念。
ラム肉も美味しいんだね、って思いました。
わがまま彼女の一言
北海道に来たら、ジンギスカンを食べないとね!
 
  

JRイン旭川 
本日の宿泊は、JR旭川駅の真ん前、JRイン旭川です。イオンの上にあるので、いろいろ調達するにも楽で最高の立地です。 大浴場もあります。
ホテルも綺麗です。
JRイン旭川
電話:0166-24-8888
住所:〒070-0030 北海道旭川市宮下通7丁目2?5
その他:jr-inn.jp/asahikawa/
朝から色んなところを観光して、クタクタになったので、あっという間に就寝。
いつものように翌朝はビュッフェをいただきました。
わがまま彼女の一言
偶然、駅前広場でイベントをやっていて、そこで買った焼鳥が最高に美味しかった!
 
  

2017/07/14 (金)
羽田空港パワーラウンジ ノース 
前回、奥様に会ったのが5月の「GW函館旅行」ですので、2か月ぶりの再会です。今回は、北海道の真ん中辺りを車でウロウロしてきました。   奥様は朝7時半のANA便で、羽田空港に9時に到着。
一方の僕も、家を7時半くらいに出て羽田空港へ向かい、パワーラウンジの近くで合流。
__
普段ラウンジというものとは縁遠い我々ですが、知り合いから入場券(?)をもらったので、今回使わせてもらうことにしました。感謝!
__
コーヒーやジュースが無料で飲めます。しかも晴れていたこともあり景色が綺麗です。
幸い、北海道行きの搭乗口の近くにあり、時間ギリギリまでのんびりすることができました。快適でございました。
__
なお、写真2枚目の奥様のポーズは、前の晩のスカイプミーティングでの喧嘩(?)の名残りです。笑
わがまま彼女の一言
今回もイッパイ食べて、丸くなりました!
 
  

アジアンバー ラマイ千歳店 
羽田空港から新千歳空港までのフライト時間は、約90分です。新千歳空港でレンタカーを借りて、パパッと移動することにしておりましたが、驚いたことに空港からレンタカー引き渡し場所が結構遠いのです。高知空港のノリで(?)で考えていると、計画がズレます。国際線がある大きな空港なので、敷地が広いのですね。 __
空港からのバスに揺られて数分間、無事レンタカー引き渡し場所に到着し、今回用意されていたキューブを借りて出発。なお、今回の旅行で奥様は1回も運転をしていません。笑
__
空港を出発して10分くらいで、アジアンバーラマイ千歳店に到着します。
進行方向右側の掘立小屋みたいな建物なので、運転しているとなかなか分かりづらいです。
車で行く際には、カーナビに従いつつ、ゲームセンター『タイトーステーション』の駐車場に入る感じで右折しましょう。
アジアンバー ラマイ千歳店
電話:0123-49-7666
住所:〒066-0036 北海道千歳市北栄2丁目13?1
時間:11:30~21:30
その他:www.ramai.co.jp
到着したのが、ちょうどお昼時だったので満席。しばらく待機。。。
__
案内されると、席は個室っぽい感じで、グッドです♪
__
奥様は、スープカレー(ポーク)を、辛さ2。
僕は、スープカレー(ウダン(えび天2本))を、辛さ3。
ラマイ特製の『ラマッシー』を1つ注文。
__
ラマッシーは、適度に甘くて僕にはイイ感じ。奥様には、ちょっと甘すぎたみたい。笑
奥様のポークは、でっかい角煮が入ってます!さすが人気メニューです。
スープカレーは、野菜が大きい。
米の量は普通にしたのですが、結構多めです。
美味しくいただき、北海道旅行、いいスタートを切ることが出来ました。
わがまま彼女の一言
運転は
 キューブじゃなければ
  してました(心の俳句)
 
  

千歳アウトレットモール・レラ 
お昼ご飯(スープカレー)を食べた後は、再び空港方面に戻り、千歳アウトレットモール・レラへ。ココは、僕のリクエストです。
千歳アウトレットモール・レラ
電話:0123-42-3000
住所:〒066-8765 北海道千歳市柏台南1丁目2?1
時間:10:00~20:00
その他:outlet-rera.com
平日だったため、お客さんはほとんどおらず、快適な環境で買い物をすることが出来ました。
奥様に、夏物の服を色違いで2枚買ってもらいました。
満足、満足!
わがまま彼女の一言
【業務連絡】お盆休みには、それを着て帰って来てください。
 
  

道の駅 サーモン・パーク千歳 
アウトレットモールで僕の物欲が満たされたので、本日の目的であるトマムへ出発。千歳を出る前に、トイレ休憩と水分・糖分補給を兼ねて、道の駅サーモン・パーク千歳へ。 国道337号線沿いにある道の駅で、高速道路に乗る前に立ち寄りました。
道の駅 サーモンパーク千歳
電話:0123-29-3972、サケのふるさと千歳水族館 0123-42-3001
住所:千歳市花園2丁目(国道337号沿い)
時間:9:00~20:30(一部店舗は17:00まで営業)
 ※コンビニエンスストアは24時間営業
  サケのふるさと千歳水族館 9:00~17:00
その他:www.hokkaido-michinoeki.jp(サーモンパーク千歳のページ)
サイトのインフォメーションから引用すると・・・
<引用>
「サーモンパーク千歳」は、千歳市と小樽市を結ぶ国道337号沿いに位置しています。
周辺を流れる清流千歳川には毎年サケが遡上し、インディアン水車と呼ばれる水車によるサケの捕獲風景は千歳の秋の風物詩となっております。
また、新千歳空港や道央自動車道千歳ICから車で約10分程度と交通アクセスにも恵まれており、北海道観光の起点としても絶好の位置です。
</引用>
この道の駅の施設の1つとして、「サケのふるさと 千歳水族館」があります。
今回は、時間の都合で入ることが出来ませんでしたが、サケ好きの方にはおススメかもしれません。
__
我々は、この旅1つ目のソフトクリーム@milky bellを食べ、周辺をプラプラして気分転換したのち、道の駅を出発しました。
次の目的地「トマム」まで、約110km。
わがまま彼女の一言
屋外は広くて綺麗ですし、室内もテーブル席がたくさんあって、休憩におススメです。
 
  

星野リゾート リゾナーレトマム 
千歳から1時間半ほどの高速ドライブで、星野リゾート リゾナーレトマムに到着。もちろん(毎度のように?)、奥様のチョイスです。 噂には聞いておりましたが、やはり凄いところですね。
星野リゾート リゾナーレ トマム
電話:0167-58-1145
住所:北海道勇払郡(ゆうふつぐん)占冠村(しむかっぷむら)字中トマム
その他:risonare-tomamu.com
リゾート感というかバブル感が半端ないです。
部屋にでっかい風呂(ジャグジー)があります。
__
到着後、まずは屋外で写真撮影です。
instagramに投稿する写真を撮影するために、広場へ。
広すぎて行き方がよくわからず、無駄に遠回りしつつ・・・。
__
広場でオシャレっぽい写真をパシャパシャ撮影した後は、夜ご飯へ。
ビュッフェ@HALでございます。
いつもどおり、苦しいほどの満腹で大満足です。笑
__
写真はありませんが、食後は散歩がてら光の教会を見学して部屋に戻りました。
__
ちなみに、今回の旅行のテーマの1つに「おそろいTシャツ」があります。
夜ご飯+翌朝の雲海テラスは、カープTシャツ。
寝るときは、カツオTシャツでした。
翌朝の雲海テラスは、次の記事で書きます。
わがまま彼女の一言
ビュッフェの鮭イクラ巻が、美味しかった!
 
  

カレンダー
場所×種類

×

ICON説明
連れてってボタン
 記事を読んで、行ってみたくなったら押してください。人気スポットに反映されます。


ブログランキングに参加しています。1日1回クリックしていただけますと、励みになります。
旅行まとめ
2020/08香川旅行
2020/02香川旅行
2020/01香川旅行
2019/09高知県東部旅行
2019/07沖縄旅行
2019/05奈良大阪旅行
2018/09高知県東部旅行
2018/05神戸旅行
2018/01ハワイ旅行
2017/12福岡旅行
2017/09千葉旅行
2017/07北海道(道央)旅行
2017/05北海道(函館)旅行
2016/11富山金沢旅行
2016/10愛媛旅行
2016/07岐阜名古屋旅行
2016/04日光旅行
2015/12福岡旅行
2015/04徳島旅行
2014/09淡路島旅行
2014/05台湾旅行2
2014/01神戸旅行
2013/12東京旅行
2013/05広島旅行
2013/01新春東京旅行
2012/11神戸旅行
2012/04新婚旅行(アメリカ)
2011/12徳島旅行
2011/07東京旅行
2011/04九州旅行
2010/12島根鳥取旅行
2010/09九州旅行
2010/08東京旅行
2010/05東京旅行
2010/03台湾旅行
2010/02岡山旅行
2010/01広島旅行
2009/12神戸大阪旅行
以前の日記
2020/09(2)__2020/08(21)__
2020/07(10)__2020/06(7)__
2020/05(12)__2020/04(2)__
2020/03(5)__2020/02(21)__
2020/01(16)__2019/12(11)__
2019/11(13)__2019/10(15)__
2019/09(20)__2019/08(18)__
2019/07(36)__2019/06(20)__
2019/05(28)__2019/04(9)__
2019/03(20)__2019/02(13)__
2019/01(15)__2018/12(13)__
2018/11(14)__2018/10(16)__
2018/09(15)__2018/08(5)__
2018/07(1)__2018/06(11)__
2018/05(23)__2018/04(13)__
2018/03(10)__2018/02(10)__
2018/01(18)__2017/12(11)__
2017/09(7)__2017/08(6)__
2017/07(19)__2017/05(20)__
2017/03(3)__2016/12(10)__
2016/11(9)__2016/10(7)__
2016/08(2)__2016/07(11)__
2016/05(5)__2016/04(6)__
2016/03(7)__2016/02(13)__
2016/01(11)__2015/12(12)__
2015/11(6)__2015/10(10)__
2015/09(3)__2015/08(12)__
2015/07(12)__2015/06(3)__
2015/05(25)__2015/04(8)__
2015/03(6)__2015/02(11)__
2015/01(2)__2014/12(7)__
2014/11(7)__2014/10(8)__
2014/09(25)__2014/08(4)__
2014/07(7)__2014/06(5)__
2014/05(23)__2014/04(6)__
2014/03(12)__2014/02(11)__
2014/01(11)__2013/12(21)__
2013/11(18)__2013/10(5)__
2013/09(5)__2013/08(5)__
2013/07(9)__2013/06(12)__
2013/05(28)__2013/04(9)__
2013/03(11)__2013/02(4)__
2013/01(12)__2012/12(9)__
2012/11(12)__2012/10(7)__
2012/09(12)__2012/08(4)__
2012/07(3)__2012/06(7)__
2012/05(12)__2012/04(13)__
2012/03(5)__2012/02(4)__
2012/01(4)__2011/12(11)__
2011/11(6)__2011/10(13)__
2011/09(2)__2011/08(12)__
2011/07(22)__2011/06(5)__
2011/05(24)__2011/04(35)__
2011/03(6)__2011/02(7)__
2011/01(21)__2010/12(19)__
2010/11(25)__2010/10(5)__
2010/09(38)__2010/08(21)__
2010/07(8)__2010/06(13)__
2010/05(21)__2010/04(2)__
2010/03(8)__2010/02(8)__
2010/01(9)__2009/12(7)__
2009/09(2)__
わがまま彼女のエブリディ
blog内検索