2011/04/28 (木)
石鎚山SA 
 GW九州旅行に出発です。仕事終わりで、そのまま車に乗り込みました。
 とりあえずTSUTAYAでCDをレンタル(5枚1000円)し、須崎を6時過ぎくらいに出ました。

 そしてこの日の夕食を、ここでいただきました。
 彼女がおんまくセット(1枚目)で、僕がチャーシュー丼セット(2枚目)。二人で1400円でした。

 腹ごしらえが住んだら、一気に八幡浜港へGO!!
 
    

2011/04/29 (金)
八幡浜港 
 八幡浜港に10:30頃到着。0:20出発に向けて、しばし待つ。
 彼女は、近くのコンビニでオレンジページを買っていた。ウマすぎ! 鶏レシピだそうです。この旅行中、何度かパラパラめくってました。

 0:20発の便で、別府湾港到着が3:10なのですが、4:40まで船中泊が出来ます。僕たちは当初「3:10には船を出て出発しよう!!」と意気込んでいましたが、気温が結構低かったので、4:40まで船にて待機。結果的には、こうして正解でした。

 といっても、やはり船の中ではあまり眠れません・・・。人も多かったですしね。まぁ、こればっかりは仕方ないね。

 写真は、彼女です。はい。
 
    

金立SA 
 AM5時頃、別府湾港にて九州に上陸。そこから、ひたすら走り続け、ここで休憩。
 結構体力的にも、眠さもピークに達したところで、ここで休憩することに。とりあえず、軽く朝ごはん。

 ちなみに金立バーガー(2枚目)は、食べてません。少々お高い。。食べれずにがっかりしている写真ですね(笑)。

 僕がパンで、彼女がトリまん。ふたりで500円の朝食。

 その後、車で睡眠。1時間半くらいは寝たかな。英気を取り戻し、再び出発。目的は、唐津市です。
 
    

隆太窯 
 GW「焼き物を買いに行こう!!」ということで今回の目的地第1弾。  
 唐津焼の窯です。唐津市の中心部から、少し離れた山の中にあります。

 まったくの素人なので、何がいいのかよくわかりませんが、彼女がお店の人に、色々と説明を受けていました。

 お菓子とお茶を出していただき、いろいろお話を聞かせていただきました。
 
    

からつバーガー 
 旅行1日目のお昼は、からつバーガー。虹の松原の中にあります。
 彼女はスペシャルバーガー(460円)、僕はチーズバーガー(340円)を購入。

 注文して、お金を払うと「車で待っててください」と言われる。待つこと2分ほどで、持ってきてくれます。

 僕たちは、そのまま唐津城へ。お城に上がって食べることにしました。

 スパイスが効いててうまい!!!これは、是非食べてください。おすすめですよ。
 
    

唐津城 
 エレベーターがあります。これはイイ。一人100円で、らくらく上がれます。
 上がると絶景です。
 虹の松原も見渡せます。天守閣には上がっていません。

 しだれ藤というのが、有名みたいです。城をバックに、たくさんの方が藤の写真を取っていました。

 からつバーガーを買って、お城で食べる!!このコースがおすすめです☆。
 
    

呼子 
 本日の最終目的地、呼子です。読み方は「よぶこ」。名物はイカです。
 僕はイカが好物です。

 彼女は、『ぎょロッケ』を食べてました(80円)。魚のコロッケ、だそうです。僕は食べてませんが、おいしい、とおっしゃっていました。

 ちなみに、この呼子は、映画『悪人』のロケ地だそうです(最後の写真)。
 
    

マリンパル呼子 
 船に乗って、洞くつ探検や海の中を見たりそういうところです。
 どういった施設なのか、詳しい説明は関連サイトを見ていただくとして、僕たちは「いか丸」に乗船。宿で半額チケットをGETしたので、二人で1500円でした。

 この日は、波はないものの、うねりがひどくて。。。40分くらいの船旅なのですが、自分は乗船後15分でダウン。

 彼女は元気に写真撮影してました。
 5枚目の写真が七ツ釜なのですが、うねりがひどくて中までは入れませんでした。といっても、僕は船の中で蹲っていたので、よくわかりませんが(泣)。
 
    

波戸岬 
 波戸岬は、はどみさき と読みます。が、ハートのオブジェがあります。
 カーナビ君は、はーとみさき、と打つと、ここを案内してくれます。

 波戸岬は『恋人の聖地プロジェクト』 サテライトに認定されているそうですよ。駐車場で300円を払い、岬のほうへ。

 ハートのモニュメントは、大学生の団体が、占拠して、しばらく写真が撮れず。。その間、横になって待つ彼女(2枚目)。ちなみに、1枚目は「真上に向かって、波動拳を放っているところ」です。

 しばし待って、人がいなくなったところで撮影。

 その後、さざえのつぼやきを食すことに(僕はパス)。500円で1皿、3個です。彼女一人で、ぎょろっけに続き、つぼやきも完食です。
 
    

杉の原 
 牛がいます。サスペンスで、最後に犯人が追いつめられそうな、場所です。
 高いところから海を眺めると、気持ちいいです。

 テレビの世界では、ここに呼び出されて殺されたり、刑事さんが殺人犯を説得したりするのでしょう。

 僕たちのほかにも、何組か観光客がいました。駐車場もありますよ~。
 
    

風の見える丘公園 
 呼子で一番の眺めのいいところ。  眼下に呼子大橋が望めます。
 公園のすぐ下の、おおぞの商店で、甘夏ソフトクリーム(300円)をいただきました。さっぱりしていて、気温も高かったこともあり、抜群においしかったです。

 お立ち寄りの際は、必ず食べましょう。
 
    

旅館 清力 
 1泊目のお宿です。 いかを堪能しましたよ。
 着いたら、それぞれお風呂に。前日は風呂に入ってなかったので、ひさびさにゆっくりと入る。男湯からは、海を眺めながら入ることができます。

 自分は、ちょうど時間が良かったらしく一人だったので、20分くらい入っていた。

 その後、夕食。ボリュームも味も大満足。イカも新鮮でおいしかったざます。

 夕食後は、自分は即就寝。記憶にないが、おそらく8時には寝ていたのではないだろうか。。

 最後の2枚は、翌日の朝食です。
 
    

2011/04/30 (土)
伊万里鍋島焼会館 
 九州旅行2日目。伊万里焼を見に行きました。ここには、周辺の窯元の作品が集まってます。
 とりあえず、この会館で一通りの作品を見た後、順に店を回ると良いです。

 お店(窯)によって、いろいろ違いがあり、見ているだけで楽しいです。彼女はお皿を数枚買っていました。

 とても静かで、良い雰囲気です☆。
 
    

チャイナ・オン・ザ・パーク 
 伊万里焼の次は有田焼です。 ここは、深川製磁のテーマパークですね。
 GWの有田陶器市期間中は、お安く商品をGETできるかも。
 
 工場直営のアウトレット商品も多数あります。彼女は、ここでコップ等を買っていました。結構悩んでたねww。

 お昼ごはんに究林登カレー(700円)を頂きました。スパイスが効いてて、お子様向けではありませんが、とても美味しかったですよ。隣のレストランでは、お子様向けのカレーも売ってるそうです。
 
    

波佐見陶器まつり 
 有田町から少し足を延ばして、長崎県波佐見町へ行きました。
 ここでも、GW中は『波佐見陶器まつり』を開催しているそうで、小雨がぱらつく空模様の中、たくさんの方が来場されていました。

 基本的に店の中で写真は撮らないので、今回は公園での写真です。
 CERAMIC PARK HASAMIと書かれてます。
 
    

白山陶器 
 波佐見陶器まつり会場の近くにある白山陶器に立ち寄りました。
 波佐見焼は、シンプル・モダンで機能的なものが多いのが特徴で、日常生活に取り入れやすいそうです。ここで彼女は、急須なんかも買っていました。

 結構多くの人がいましたが、店の外で記念撮影をしているのは、僕たちくらいだったんじゃないかな(笑)。
 
    

武雄温泉 
 2日目の陶器巡りの疲れを癒すために古くからの温泉町、武雄温泉へ☆
 温泉宿に泊まるのは少々お高めだったため、近くのビジネスホテルに泊まり、日帰り温泉を楽しむべく、僕たちは元湯(400円)へ。

 当然のことながら、GW中なので、満員(という表現で正しいのかな?)でした。。

 元湯の中には、『あつ湯』と『ぬる湯』があり、『あつ湯』は、非常に熱く熱湯コマーシャルを彷彿とさせます。『ぬる湯』ですら、割と熱めです。

 『天井も高くて、趣があってよかったじゃん♪』と彼女も申しておりました。
 
    

餃子会館 
 焼き物を買いすぎて、ちょっと節約晩御飯。
 ということで、餃子会館でテイクアウトです。

 割とお腹もすいていたので、近くのスーパーで野菜巻きとか購入し、追加で餃子を2人前。

 結構ボリュームがあるぜ、これはww。

 二人で、満腹。大満足で、2日目の夜も、あっという間に眠りにつきました。
 
    

2011/05/01 (日)
有田陶器市 
 GW3日目。ついに来ました『有田陶器市』。今回で第108回の伝統ある催しです。
 もの凄い数の方が来るそうです。wikipediaによると、休日には20万人台、平日でも数万人の訪問客が押し寄せる、とのこと。

 僕たちも気合を入れて、7時半頃には到着。しかし、当日は生憎の雨であったため、人は疎ら(まばら)。

 深川製磁本店の前で、いつも通り彼女を撮影していると、お店の方が「撮ってあげますよ~」と声を掛けてくれました。ので、珍しく2ショットです。

 ありがとう!!ふかがわさん!

 帰る頃には、天気も回復し、歩行者天国になった通りは、観光客で賑わっていました。
 
    

鳥栖プレミアムアウトレット 
 当初は、予定になかったのですが、時間が空いたため、行くことにしました。
 お昼は、Pizza-la Express。ピザ(500円)、フォカッチャ(500円)、ポップコーンシュリンプ(470円)。

 で、僕はお腹が満たされなかったので、1人で生クリーム&チョコのクレープ(390円)を食べた。

 彼女はルクルーゼの鍋、僕はビームスでシャツを1枚購入しました。ルクルーゼって重いよね♪(笑)。良い買い物が出来ましたよ。
 
    

阿蘇五岳 撮影スポット 
 本来は、鳥栖JCTから南下する予定がカーナビの指示に従い。。。
 日田から南下することになってしまった。なかなか細く険しい山道(というほどでもないけど)で、この旅一番のドライブって感じでした。

 ここは、撮影スポットらしいのですが、この日は天気が良くなかったため、写真撮影には適さない状況でした。。。しょぼ~~ん。
 
    

湯の宿 入船 
 3つの源泉を所有する加水無し、天然かけ流しの温泉です。
 僕は『天然かけ流しの温泉』が好きです。ここには、日帰り入浴でお世話になりました。

 阿蘇周辺では幾つか温泉街がありますが、そのなかの一つの内牧温泉街をセレクト。その中の一つで日帰り入浴のできる、コチラにお邪魔しました。


 1日の疲れを温泉で綺麗さっぱり流して、本日の宿に向かいました。
 
    

民宿 あそげん 
 改装したばかりということで凄く綺麗で、久々に満足度☆5つです。
 これまで幾つかの個所で宿泊してきましたが、はじめての『民宿』ということで、若干びびってました(笑)。ご飯は、その家の方たちと一緒に食べる、とか、トイレはその家の方たちと共同、とか、お風呂にはその家の子どもたちのキャラクターもののシャンプーが置いてある、とかね。

 実際は、そんな不安は一切不要で、綺麗で広かったです。夕食には、馬刺しをはじめ、和王(熊本の黒毛和牛)や阿蘇王(阿蘇の赤牛)というブランドの牛肉を頂きました。

 食事も部屋も、またスタッフの方々の対応も、満足度の高いお宿でした。
 
    

2011/05/02 (月)
阿蘇山火口付近 
 この日は旅程最終日。残念ながら火口までは行けませんでした。
 ただロープウェーまでの道で、渋滞になって、なぜ渋滞なのかわからない状況で待たされる、という最悪の事態。。。Uターンした車の分だけ進む、という状況。

 僕は、割と早い段階で「火口に行けなくても、土産が買えればいいから、土産売り場に早く入らせろ」という考えだったのだけど、それでも進まないから動けない。

 イライラしながら待つこと30分。ようやく無料駐車場に車を停めることができた。火山ガスのため、有料道路を走行できず、にも拘らず有料道路ゲートに車が並んだために、渋滞が起きたらしい。

 熊本土産を買いこんで、「スザンヌの立て看板と火山灰ソフトクリームのオブジェと写真撮影」をして、ココを後にしました。

 スザンヌがいなければ、ここの満足度は☆2でしたね、きっと(笑)。スザンヌに感謝♪
 
    

草千里ヶ浜 
 火口には残念ながら入れなかったので、第2のビューポイントから景色を眺めた。それで満足。  草原の眺望は、最高。馬に乗るつもりもなかったので、無料の場所から眺めた。

 4枚目の写真は、米塚です。山の上のほうのクニッと曲がった部分が、米の形をしているから米塚らしいです。
 
    

国宝 臼杵石仏 
 臼杵石仏は、国宝だそうです。 地味だけど、凄いんですよ。
 古いもので、平安時代後期くらいに作られたそうです。

 料金は大人一人530円。博物館とセットだと700円だそうですが、僕たちは時間の都合上、石仏だけ。

 一つ一つ、顔が異なり、彼女いわく「古園石仏の顔がイイ」そうです。僕は、そのセリフは言われたことがありません。
(^^;)まぁ、仕方ないね。。

 最後の写真は、石仏に感謝の意を表す彼女です。決して、足が疲れたポーズでありません(笑)。
 
    

小手川商店 
 昼の2時20分に、臼杵港を出るのでその前にお昼ご飯を、ということで行きました。
 こちらのお店は、フンドーキン(九州で有名な味噌・醤油の店)の商品を売りつつ、その場でもいただけるお店。

 彼女は団子汁、僕は定食を頂きました。
 
    

臼杵港 
 臼杵から八幡浜までは、2時間半ほど。今回は、少し揺れましたが、無事八幡浜へ。
 結局30分程度しか、眠れませんでしたが、それでも十分に体を休ませることができました。

 八幡浜から一気に高知まで、最後のドライブです。
 
    

焼き肉ソウル 
 GW九州旅行、最後の夕食は、何故か韓国料理になってしまいました。
 高知に戻ってきて、ふたりでチジミ1皿(680円)、彼女が冷麺(680円)、僕がビビンバ(680円)を食べました。冷麺の麺が細くて、チュルチュルっといけます。喉ごし最高☆

 さて、今回の旅行では、走行距離は、約1,200km。高速道路料金は5,700円。撮った写真は370枚。

 そして彼女の体重は2kg程度重くなり(自己申告による)、僕は旅行の翌日1日中寝て、もう一日かけてこのブログを更新した。

 今回も旅程からホテルの予約まで、すべて彼女がやってくれた。僕は運転しただけ。いつも、ありがとうございます。

 何度か喧嘩もしました。大抵の場合理由は、渋滞で僕がイライラしていることにあったようです。申し訳ないなぁ、と後から思うのだけど。ただ、険悪なムードのときでも「撮るよ~」と言えば、彼女はちゃんとポーズを撮ってくれます。そういうところが、とてもカワイイところです。

 
↑臼杵石仏での、写真です。
 なんとなく動きが面白かったので、アニメにしてみました(笑)。
 
    

 次< 2020年7月 >前 >>
カレンダー
場所×種類

×

ICON説明
連れてってボタン
 記事を読んで、行ってみたくなったら押してください。人気スポットに反映されます。


ブログランキングに参加しています。1日1回クリックしていただけますと、励みになります。
旅行まとめ
2020/02香川旅行
2020/01香川旅行
2019/09高知県東部旅行
2019/07沖縄旅行
2019/05奈良大阪旅行
2018/09高知県東部旅行
2018/05神戸旅行
2018/01ハワイ旅行
2017/12福岡旅行
2017/09千葉旅行
2017/07北海道(道央)旅行
2017/05北海道(函館)旅行
2016/11富山金沢旅行
2016/10愛媛旅行
2016/07岐阜名古屋旅行
2016/04日光旅行
2015/12福岡旅行
2015/04徳島旅行
2014/09淡路島旅行
2014/05台湾旅行2
2014/01神戸旅行
2013/12東京旅行
2013/05広島旅行
2013/01新春東京旅行
2012/11神戸旅行
2012/04新婚旅行(アメリカ)
2011/12徳島旅行
2011/07東京旅行
2011/04九州旅行
2010/12島根鳥取旅行
2010/09九州旅行
2010/08東京旅行
2010/05東京旅行
2010/03台湾旅行
2010/02岡山旅行
2010/01広島旅行
2009/12神戸大阪旅行
以前の日記
2020/07(2)__2020/06(7)__
2020/05(12)__2020/04(2)__
2020/03(5)__2020/02(21)__
2020/01(16)__2019/12(11)__
2019/11(13)__2019/10(15)__
2019/09(20)__2019/08(18)__
2019/07(36)__2019/06(20)__
2019/05(28)__2019/04(9)__
2019/03(20)__2019/02(13)__
2019/01(15)__2018/12(13)__
2018/11(14)__2018/10(16)__
2018/09(15)__2018/08(5)__
2018/07(1)__2018/06(11)__
2018/05(23)__2018/04(13)__
2018/03(10)__2018/02(10)__
2018/01(18)__2017/12(11)__
2017/09(7)__2017/08(6)__
2017/07(19)__2017/05(20)__
2017/03(3)__2016/12(10)__
2016/11(9)__2016/10(7)__
2016/08(2)__2016/07(11)__
2016/05(5)__2016/04(6)__
2016/03(7)__2016/02(13)__
2016/01(11)__2015/12(12)__
2015/11(6)__2015/10(10)__
2015/09(3)__2015/08(12)__
2015/07(12)__2015/06(3)__
2015/05(25)__2015/04(8)__
2015/03(6)__2015/02(11)__
2015/01(2)__2014/12(7)__
2014/11(7)__2014/10(8)__
2014/09(25)__2014/08(4)__
2014/07(7)__2014/06(5)__
2014/05(23)__2014/04(6)__
2014/03(12)__2014/02(11)__
2014/01(11)__2013/12(21)__
2013/11(18)__2013/10(5)__
2013/09(5)__2013/08(5)__
2013/07(9)__2013/06(12)__
2013/05(28)__2013/04(9)__
2013/03(11)__2013/02(4)__
2013/01(12)__2012/12(9)__
2012/11(12)__2012/10(7)__
2012/09(12)__2012/08(4)__
2012/07(3)__2012/06(7)__
2012/05(12)__2012/04(13)__
2012/03(5)__2012/02(4)__
2012/01(4)__2011/12(11)__
2011/11(6)__2011/10(13)__
2011/09(2)__2011/08(12)__
2011/07(22)__2011/06(5)__
2011/05(24)__2011/04(35)__
2011/03(6)__2011/02(7)__
2011/01(21)__2010/12(19)__
2010/11(25)__2010/10(5)__
2010/09(38)__2010/08(21)__
2010/07(8)__2010/06(13)__
2010/05(21)__2010/04(2)__
2010/03(8)__2010/02(8)__
2010/01(9)__2009/12(7)__
2009/09(2)__
わがまま彼女のエブリディ
blog内検索